友人葬/支援葬祭(埼玉県さいたま市/大宮区、緑区、浦和区、中央区)

支援葬祭(埼玉県さいたま市/大宮区、緑区、浦和区、中央区)|友人葬

  1. HOME >
  2. 葬儀、葬式 >
  3. 友人葬
友人葬

創価学会のお葬式は「友人葬」といわれ、仏教式のお葬式を行いますが、その他の宗派と大きく異なる点がいくつかあります。
友人葬の特徴として最も有名なのは、僧侶をお呼びせず、参列者全員で読経を行う点です。僧侶の代わりに、創価学会の会員で導師をできる方に導師をお願いし、読経を進めてもらいます。読経は参列者全員で行うため、導師の進行に従って全員でお経を読み上げます。また、祭壇にも特徴があり、おシキミという枝木をご本尊にお供えし、荘厳します。ご本尊の周りをおシキミで荘厳すれば、祭壇は生花などで飾り付けてよいことになっていますが、ご本尊の周りだけは必ずおシキミを用います。
創価学会の友人葬では、地域の創価学会会員の方がお葬式をお手伝いしてくださることもあるため、葬儀社にご連絡する際に地域の創価学会にもご連絡することをおすすめします。
株式会社支援葬祭では、キリスト教葬・仏式葬・神式葬・友人葬など宗教宗派を問わずお葬式のご用命を承っております。お葬式に関することでお困りの際はお気軽にご相談ください。

支援葬祭が提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例
施行エリア
さいたま市(緑区、岩槻区、見沼区、浦和区、大宮区、桜区、西区、北区、中央区、南区)越谷市、春日部市
その他埼玉県南東部全域、東京都北部

友人葬|支援葬祭(埼玉県さいたま市/大宮区、緑区、浦和区、中央区)

ページトップへ